毎日なに着ればいいのか途方に暮れる男子に向けた服選びまる投げサイト

 

「白シャツ」
文字通り白いシャツのことだ。

 

ひとつ断っておくが、Tシャツの場合はいくら真っ白でも「白シャツ」とは言わない。
あくまでも「襟付きの白無地のシャツ」
これが「白シャツ」だ。

 

素材は主流は綿あるいは綿×ポリエステルなどだが、シルクやリネンの白シャツもある。
また、襟の形も「レギュラー」「ワイド」「ホリゾンタル」「ボタンダウン」.........etc
そして、長袖と半袖。
選ぶポイントはこんなところだ。

 

そしてこの「白シャツ」の優れた点、
それは、紺のテイラーどジャケットとかなりの点で一致する。
つまり、

 

  • 無難で
  • 親しみやすく
  • 清潔感があって
  • 着まわしがしやすくて
  • 着る人を選ばない
  • そしてなんといっても、着る人の好感度をググッとあげてくれる

 

これだ。
そして、「白シャツ」のさらに優れた点、
それは、
1年中着ることができるということだ。

 

この場合、「長袖」であることと、ある程度生地のしっかりとした「綿素材」であるこが条件にはなるが。
それと、「シャツ」、特にカジュアルに着こなすための「シャツ」の場合、
サイズは多少大雑把でもいいということだ。
極端な話、少々大きくても小さくても、着ることさえできればサマになるってことだ。
どーだ、コイツもやっぱり頼れるアニキって感じだろ?

 

ただし、コイツにはちょっとした弱点もある。天敵といってもいい。
それは、
「つけ麺」「カレーうどん」「スパゲティーミートソース」そして「汚れの首輪」だ。

 

「つけ麺」「カレーうどん」「スパゲティーミートソース」が好物だったとしても、
白シャツを着てこれを食べるなら、最新の注意を払って汁やソースを飛ばさないようにしなければならないし、一日着た白シャツは必ず洗濯しなければならない。
洗濯を怠って、いったん「汚れの首輪」ができてしまうとほぼ落とすことはできない。
そして、「汚れの首輪」ができた「白シャツ」ほど不潔ったらしいものはない。

 

まあ、これらの弱点はあるのだが、
それでも君が「白シャツ」を持っていないのであれば、なるべく早く買ったほうがいい。
それほど「白シャツ」は役に立つ。
そして、女の子に支持されるアイテムだ。

 

「白シャツ」に弱点がありながらも、それを上回るメリットのあることをわかってもらえたところで、
今日はここまでだ。ここまで付き合ってくれてありがとう。

 

それでは、buonnanotte!

関連ページ

紺のジャケットで着まわし
毎日何着ればいいのか途方に暮れるファッション音痴の男たちよ、そっくりそのまま真似ることこそセンスを学ぶ第一歩だ。コーディネイトのチカラを身につけて本物の自由をその手につかめ!!
「チノパン」はGパンより爽やか
毎日何着ればいいのか途方に暮れるファッション音痴の男たちよ、そっくりそのまま真似ることこそセンスを学ぶ第一歩だ。コーディネイトのチカラを身につけて本物の自由をその手につかめ!

 
トップページ 服選びを学ぶ これを着ろ!